Home モデル AWS、「Amazon EC2」に新たな割引モデル「Savings Plans」を導入 – ZDNet Japan

AWS、「Amazon EC2」に新たな割引モデル「Savings Plans」を導入 – ZDNet Japan

31 second read
0
14

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月6日、AWSのコンピュートサービス群に対する新たな価格オプションを発表した。「Savings Plans」という簡潔な名称のこのオプションは、1年間、あるいは3年間で利用するコンピュート能力を顧客がコミットしておくことで、「リザーブドインスタンス」並みの割引きが提供されるという柔軟な価格モデルとなっている。

 Savings Plansには2つの選択肢が用意されている。AWSによると、「Compute Savings Plans」(コンピュート用「Savings Plans」)は高い柔軟性を備えており、最大66%のコスト削減を顧客にもたらせるという。また、「EC2 Instance Savings Plans」(EC2インスタンス用の「Savings Plans」)は単一リージョン内の特定インスタンスファミリーに適用されるものであり、最大72%の割引きが提供されるという。

 AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Bar氏はブログ投稿で、「あらゆる種類のコンピュート利用に対してOn Demand(オンデマンド)の価格と(より安価な)Savings Plansの価格が用意されている」と述べ、「1時間あたりの具体的なコンピュート使用量をコミットしておけば、その使用量に達するまでの利用はすべてSavings Plansの対象となり、超過分はOn Demandの価格体系に基づいて課金されるようになる」と続けている。

 Savings Plansは中国以外の全てのリージョンで提供されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「Voidol – Powered by リアチェンvoice -」追加ボイスモデルを発売。 – PR TIMES

(Voidol) クリムゾンテクノロジー株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:飛河 和生)は、VTube … …