Home モデル BMW伝説の「CSL」が復活か? M2に最強モデル発売へ

BMW伝説の「CSL」が復活か? M2に最強モデル発売へ

1 min read
0
207

BMWのコンパクトスポーツ「2シリーズ」の高性能モデル「M2」に、最強となるハードコアモデルが設定されることがわかりました。

ニュルで捉えたプロトタイプは、最新の高性能モデル「M2 コンペティション」に似ていますが、より拡大されたリップスポイラー・リアスポイラーが装着されています。またミシュラン「Pilot Sport Cup 2」タイヤ、軽量ブラックYスポークホイール、セラミック・ゴールドブレーキキャリパーが見てとれます。

正確な車名は不明ですが、「M2 CSL」または「M2 CS」のどちらかになりそうです。「CSL」は「Coupe Sport Lightweight」の略でBMW2ドア・スポーツモデルの頂点として存在する伝説的モデルです。初代は1968年に登場したE9世代の「3.0 CSL」で、その後2003年にE46型「M3 CSL」を限定1,383台で発売。さらに2015年には「3.0 CSL オマージュ/オマージュRコンセプト」が発表されています。同ブランドは「CSL」の名称を商標登録しており、「GTS」の代わりに採用されると噂されています。

現在のトップモデルである「コンペティション」は、6速MTおよび7速DCTと組み合わされる3リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力410ps、最大トルク550Nmを発揮。0-100km/h加速は4.2秒で駆け抜けます。この高性能モデルでは、「コンペティション」をしのぐ強力なパフォーマンスを発揮することは間違いないと見られます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

VWグループ最新の電動モデル!? 暗闇を走り去るテスト車両の正体は?

トヨタ「セリカ」&「MR-2」が復活!? 有力情報から予想される新型のスペックは?

ジャガーXEに初の改良型!目玉は電動化されるパワートレイン

フォルクスワーゲン「T-Roc R」は300馬力のコンパクトSUV!

ここが変わった! BMW X1改良型プロトタイプを初キャッチ

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事


Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

本田翼、YouTubeチャンネル登録者200万人突破「記念になにかしようとは思うのですが…」 – 秋田魁新報

2020年6月3日 掲載 ※写真クリックで拡大表示します 本田翼 (C)ORICON NewS inc.  モ … …