Home モデル BMW X6 新型、現行モデルとの違いがわかるツーショットを激写 – レスポンス

BMW X6 新型、現行モデルとの違いがわかるツーショットを激写 – レスポンス

24 second read
0
173


BMWのミドルサイズSUVクーペ、『X6』新型プロトタイプが、これまででもっともカモフラージュが薄い状態でニュルブルクリンクに出現。そのコックピットを初めて撮影することに成功した。

2008年にデビューしたX6は、それまでの概念にとらわれることのない、クーペSUV市場を開拓した元祖だ。2014年には第2世代が登場、いよいよ第3世代へバトンタッチされる。

写真の新型プロトタイプの奥に見えるのは、現行型『X6M』だ。Mモデルのため、バンパーやホイール、エキゾーストパイプは比較できないが、ルーフラインが明らかに異なっているのが確認できるだろう。「CLAR」アーキテクチャを採用する新型ではトランク開口部が下方へ移行され、コンパクトなリップスポイラーを装着することにより、さらになめらかなボディシルエットとなるようだ。

フロントエンドには、『X7』新型同様の大型キドニーグリル、ハーフカップ型LEDデイタイムランニングライト付きの新型ヘッドライト、そしてLEDフォグランプバーらしきものが見られるコーナーエアインテーク形状も確認できる。

そのキャビン内は『X5』新型と同様、センタースタックの上部に12.3インチのインフォテイメントディスプレイとゲージグラスタディスプレイを装備している。以前スクープしたX6Mプロトタイプで見られた、センターコンソールのカーボントリムやステッチが施されたシフター用ダークレザーカバーなどは装備されておらず、差別化が図られているようだ。

予想されるパワートレインは、最高出力340psを発揮する3リットル直列6気筒ガソリンターボ、最高出力462psを発揮する4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンのほか、2リットル直列4気筒ガソリンターボ+電気モーターのプラグインハイブリッドも可能性が高いだろう。

そして頂点に君臨するX6Mには、『X5M』次期型と共有する4.4リットルV型8気筒Mツインパワーターボ、「S63」エンジンを搭載し、最高出力625psが予想されている。

ベースモデルのワールドプレミアは、2019年秋が有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「原爆の子の像」モデル 佐々木禎子さんの折り鶴 都内公開へ – NHK NEWS WEB

広島市の平和公園にある「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんが闘病中に実際に折った折り鶴の1つが、来月 … …