Home モデル G-SHOCK 35周年スペシャルコラボモデル – 限定70本の狭き門

G-SHOCK 35周年スペシャルコラボモデル – 限定70本の狭き門

30 second read
0
117

カシオ計算機の耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」が、2018年4月で発売35周年を迎える。記念モデルが続々と登場しているが、新たにスペシャルコラボレーションモデルの発売が決まった。

  • DW-5635-9

  • NIGO×K.IBE G-SHOCK 35周年記念スペシャルコラボレーションモデル

    DW-6935-4

今回の特別モデルは、ファッションデザイナー兼ディレクターのNIGO氏と、G-SHOCKの開発者であるカシオ計算機・伊部菊雄氏のコラボレーション。G-SHOCK初代モデル「DW-5600」をベースとしたイエローカラーの「DW-5635-9」と、”ド”定番「DW-6900」をベースとしたピンクカラーの「DW-6935-4」という2モデルだ。

NIGO氏と伊部氏の「これまでにない表現をデザインに盛り込みたい」という思いを具現化すべく、色鮮やかな蛍光スケルトン樹脂を採用。蛍光染料を2層の樹脂でコーティングして顔料化することによって、退色しにくくなっている。これは、G-SHOCKでは初めての技術とのこと。

裏ぶたには「35th Anniversary Model Thank you from NIGO & K.IBE」というメッセ―ジを刻印しているほか、スペシャルコラボレーションならではの特別なデザインを施している。主な仕様は記事末を参照のこと。

  • NIGO×K.IBE G-SHOCK 35周年記念スペシャルコラボレーションモデル

    裏ぶたのデザイン

  • NIGO×K.IBE G-SHOCK 35周年記念スペシャルコラボレーションモデル

    DW-5635-9

  • NIGO×K.IBE G-SHOCK 35周年記念スペシャルコラボレーションモデル

    DW-6935-4

税別価格はどちらも13,500円で、それぞれ限定35本(2モデル計70本)という超レア物だ。

気になる販売方法は、特設サイトからの申し込み、抽選となる。特設サイトは1月10日からオープンしており、申し込み期間は「2018年2月1日12:00~2018年3月5日23:59」だ。抽選は3月の予定で、当選者にはメールで連絡される。

さらにさらに、購入申し込み時の希望者から抽選で選ばれた1名には、なんと伊部氏が直接、世界中どこでも、時計を届けに行くという。G-SHOCKファンなら申し込まない手はない!

DW-5635-9の主な仕様

  • NIGO×K.IBE G-SHOCK 35周年記念スペシャルコラボレーションモデル

    (クリックで拡大)

DW-6935-4の主な仕様

  • NIGO×K.IBE G-SHOCK 35周年記念スペシャルコラボレーションモデル

    (クリックで拡大)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「おいしい食事より痩せるほうが快感」発言をトップモデルが後悔

「どんなに美味 … …