Home モデル GIGABYTE、AMD A520チップセット搭載のゲーミングマザーなど7モデル – PC Watch

GIGABYTE、AMD A520チップセット搭載のゲーミングマザーなど7モデル – PC Watch

2 min read
0
35

 GIGABYTEは、AMDのエントリー向けチップセット「A520」を搭載したマザーボードを7モデル発表した。

A520 AORUS ELITE

A520 AORUS ELITE

 「A520 AORUS ELITE」は今回発表のラインナップ中唯一のATXフォームファクタで、ゲーマー向けのマザーボード。メモリはデュアルチャンネル対応の4スロット構成で、ストレージはPCI Express 3.0 x4対応のM.2スロットを1基、SATA 3.0ポートを4基搭載。そのほか、PCI Express 3.0 x16を2基(うち1基に金属製シールドを装備)、PCIe 3.0×1を3基を備えるほか、RGB LEDヘッダやオーディオノイズガードなども搭載。

 背面インターフェイスには、PS/2、USB 3.0×4、USB 2.0×4、HDMI、DVI-D、Gigabit Ethernet、音声入出力などを備える。

A520M AORUS ELITE

A520M AORUS ELITE

 前述の「A520 AORUS ELITE」のmicroATXフォームファクタ版となるモデル。こちらのモデルもメモリはデュアルチャンネル対応の4スロット構成で、ストレージはPCI Express 3.0 x4対応のM.2スロットを1基、SATA 3.0ポートを4基搭載。そのほか、金属製シールド搭載のPCI Express 3.0 x16、PCIe 3.0×1を2基を備えるほか、RGB LEDヘッダやオーディオノイズガードなども搭載。

 背面インターフェイスには、PS/2、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI、DVI-D、Gigabit Ethernet、音声入出力などを備える。

A520M DS3H AC/A520M DS3H

A520M DS3H AC

 「A520M DS3H AC」はmicroATXフォームファクタのマザーボード。メモリはデュアルチャンネル対応の4スロット構成で、ストレージはPCI Express 3.0 x4対応のM.2スロットを1基、SATA 3.0ポートを4基搭載。そのほか、PCI Express 3.0 x16とPCIe 3.0×1を2基備えるほか、Intel製IEEE 802.11ac対応Wi-FiとRGB LEDヘッダなども搭載。

 背面インターフェイスには、PS/2、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI、DVI-D、DisplayPort、Gigabit Ethernet、音声入出力などを備える。

A520M DS3H

 また、上記モデルからWi-Fiを除いた「A520M DS3H」も用意する。Wi-Fi以外の仕様は同一。

A520M S2H/A520M H

A520M S2H

 「A520M S2H」はmicroATXフォームファクタのマザーボードで、ミニD-Sub15ピン、HDMI、DVI-Dと3つの映像出力端子を搭載するモデル。メモリはデュアルチャンネル対応の2スロット構成で、ストレージはPCI Express 3.0 x4対応のM.2スロットを1基、SATA 3.0ポートを4基搭載。そのほか、PCI Express 3.0 x16とPCIe 3.0×1を2基備える。

 背面インターフェイスには、PS/2、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI、DVI-D、ミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernet、音声入出力などを備える。

A520M H

 また、上記の「A520M S2H」から映像出力端子をHDMIとDVI-Dのみとした「A520M H」も用意する。映像出力端子以外の仕様は同一。

A520I AC

A520I AC

 「A520I AC」は今回発表のラインナップ中唯一のMini-ITXフォームファクタのマザーボード。メモリはデュアルチャンネル対応の2スロット構成で、ストレージはヒートシンク付きのPCI Express 3.0 x4対応のM.2スロットを1基、SATA 3.0ポートを4基搭載。そのほか、PCI Express 3.0 x16とIntel製IEEE 802.11ac Wi-Fi+Bluetoothカードを備える。

 背面インターフェイスには、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI×2、DisplayPort、Gigabit Ethernet、音声入出力などを備える。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

巨大ITはメディアを救うべきか – 日経ビジネスオンライン

全3432文字 グーグルが世界のニュースメディアに対し、コンテンツ使用料として計10億ドルを支払うと発表した。 … …