Home モデル iPhone2019年モデルの「溶接パターン」がリーク?やはり背面トリプルカメラか – Engadget 日本版

iPhone2019年モデルの「溶接パターン」がリーク?やはり背面トリプルカメラか – Engadget 日本版

24 second read
0
64

海外リークメディアSlashLeaksは、未発表iPhoneらしきデバイスの溶接パターン(Welding pattern)、すなわち金属製シャーシ製造用と思しき部品の写真を掲載。この中で注目すべきは、左上にある3つの円形の穴。おそらく背面カメラ用に開けられたものと推測されます。

この写真を投稿した匿名リーカーは、このデバイスを「iPhone XI」と表記しているものの、それ以上の詳細な情報は何もなし。この図面の信ぴょう性を検証する方法は一切ないという形です。

しかし、背面カメラが3つらしき形状は、大手メディアが前々から予測している「2019年モデルiPhoneのうち、ハイエンドモデル(iPhone XS Maxの後継機)のみ背面トリプルカメラ」説と一致するもの。この説はWSJが報じたことに続き、Bloombergが「3台目のカメラ」は広い視野角と広範囲のズームを実現するといった詳細な続報を伝えていました。

さらに今回の溶接パターン写真は、有名リークアカウントOnleaks氏の情報を元に海外テックメディアDigit.inが作成した予想レンダリング画像の構成とも一致。背面にある正方形の突起の内側に、フラッシュ(右上の四角い穴)と3つのトリプルカメラという配置もほぼ同じと言えます。

[embedded content]

2019年モデルiPhoneの背面カメラがどのようなものになるかは、様々な予測が飛びかっています。たとえばアップル関連の著名アナリストMing-Chi Kuo氏はToF方式(対象に光線を投射して、反射光が戻る時間から距離を計測する技術)の3Dカメラが2020年モデルには採用されると予測しつつ、「2019年のiPhoneには採用されない」と強調していました。

最近の各社スマートフォンは本体性能以上にカメラのスペックを競い合う傾向にあり、たとえばHUAWEI P30 Proでは「4眼カメラ」が搭載されています。しかし、一方では中国等での販売不振からiPhone最新モデルの値下げに踏み切ったアップルが、さらなる高価格化に繋がりかねないカメラの性能アップを目指すのか、今後も注視したいところです。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【鈴鹿10時間 2019】アウディ、最新のRSモデル「RS 5 スポーツバック」公開 – Car Watch

アウディ最新のRSモデル「RS 5 スポーツバック」  アウディ ジャパンは8月24日、8月27日に発売する新 … …