Home モデル iPhone2019年モデルは自撮りカメラが大幅強化?背面カメラはソニー製で超広角とのアナリスト予測 – Engadget 日本版

iPhone2019年モデルは自撮りカメラが大幅強化?背面カメラはソニー製で超広角とのアナリスト予測 – Engadget 日本版

22 second read
0
20

アップル関連のインサイダー情報でおなじみの有名アナリストMing-Chi Kuo氏は、以前から2019年モデルのiPhoneでは2018年と同じ画面サイズが維持され、5.8インチおよび6.5インチのOLEDタイプとLCD採用の6.1型という3機種構成を予測していました。その観測に基づき、今回は新たな情報を加えた格好です。

2019年モデルでは、前述のとおり前面の自撮りカメラの画素数がアップするほか、レンズも既存の4枚構成から5枚構成へと変更されたうえに、”XR 2″(iPhone XRの後継機)を含む新型モデル全てに搭載される予定とのことです。

さらに、これまでは6.5インチモデル、すなわちiPhone XS Maxの後継機のみが背面トリプルカメラ搭載との説が有力でしたが、5.8インチ型(iPhone XS後継機)にも採用。iPhone XRの後継機である6.1インチモデルでも、デュアルカメラになると述べられています。

そして背面トリプルカメラのOLEDモデルには、既存のデュアルカメラに追加される3つ目のカメラとして、12MP/1umセンサーを採用したソニー製の超広角カメラが搭載されるとのことです。ちなみに12MPは2018年モデルの背面カメラと同じ画素数で、変更はありません。

またKuo氏の報告によると、新たな前面カメラと背面の超広角カメラともに周囲のベゼルと調和して「目立たない」ようにすべく、カバーガラスに黒のコーティングが施されるそうです。

iPhone2019年モデルに背面トリプルカメラが採用されるとの見方は大手メディアBloombergも伝えており、有名リーカーから予想レンダリング画像も公開されています

……が、正方形に配置された3つのレンズの見かけが、ひかえめに言っても賛否両論あるでしょう。特に右側にあるレンズは左の2つとの非対称性を強調しかねないポジションだけに、「右だけ隠して外見の対称性を維持する」やり方がアップルのデザイン的な方向性にも合っているように思えます。

前面カメラによるセルフィー(自撮り)画質は、ファーウェイ端末でも力を注がれており、こと中華圏においては重視されている性能です。前年モデルの売上げは中華圏で苦戦を強いられたiPhoneですが、2019年モデルはカメラを手がかりに逆襲が始まるのかもしれません。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

不登校の小学生YouTuber炎上騒動 琉球新報の責任は重大だ – NEWSポストセブン

スマホで気軽に発信したことが後々大きな禍根を残すこともある  誰もが発信者となれる時代になったことそれ自体に異 … …