Home モデル MacBook Air(2019)のSSD、前年モデルより低速?ベンチマーク結果が公開 – Engadget 日本版

MacBook Air(2019)のSSD、前年モデルより低速?ベンチマーク結果が公開 – Engadget 日本版

22 second read
0
19

フランスのアップル関連情報サイトConsomacがMac用ディスクベンチマークアプリBlackmagic Disk Speedを用いたテストでは、ストレージ256GB版MacBook Air(2019)の書き込み速度が1GB/秒、読み込み速度が1.3GB/秒だったとのこと。

これに対して2018年の同等モデルは書き込み速度が920MB/秒で、読み込み速度が2GB/秒。つまり書き込みについては少し改善されている一方で、読み込みが35%も低下したという結果が出ています。

さらにConsomacはストレージ128GB版についてもテストしたところ、2019年モデルは書き込みが500MB/秒で読み込みが1.3GB/秒。この結果は、2018年モデルでも大きな差がなかったとのこと。ストレージ容量が少ないほど書き込みパフォーマンスが下がるのは、モデルの年度に拘わらず一般的な傾向のようです。

MacBook Air(2019)は新たにTrue Toneディスプレイに対応した一方で、従来より約1万5000円も値下げされました。Consomacは、そのためのコストダウンがSSDに影響したのではないかと推測しています。

もしも前年モデルより低速なSSDが採用されたとしても、プライベートや職場などの普段使いでほとんど気づくことはないはず。ただ、SSDのパフォーマンスを気にする人は、大容量のストレージ搭載版を選ぶ方がいいかもしれません。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

あなたのインスタストーリーが知らないロシア人に見られているワケ – TechCrunch Japan

Instagram(インスタグラム)を使っている人は、ここ数カ月、多くの知らない人が自分のストーリーを閲覧して … …