Home モデル MacBook Pro 2018年モデル、どこが新しくなったの? 進化した6つのポイント

MacBook Pro 2018年モデル、どこが新しくなったの? 進化した6つのポイント

1 min read
0
11


クリエイターホイホイなアプデや…。

7月12日の夜、突如としてMacBook Pro 2018年モデルが発表されました。ここ最近のMacは、WWDCやApple Special Eventのキーノートにて発表されるのが通例だったので、意外なタイミングでしたね。

今回のアップデートは、筐体のデザインが変わったわけではありません。(あまり好評ではない)Touch Barがなくなくなったわけでもありません。2018年モデルは、主に中身の仕様変更。しかも13インチのTouch Barなしモデルはアップデートされず、今回は13インチと15インチのTouch Barありモデルのみアップデートされました。

今回は、2017年モデルから新しくなった2018年モデルの特徴をご紹介します!

1.CPUが刷新:15インチモデルは「6コア」に

Apple_MacBook_Pro_update_13in_15in_07122018
Image: Apple

今回のMacBook Proでは、第7世代のIntel Core プロセッサ(Kaby Lake)が、最新の第8世代(Coffee Lake)にアップグレード。

2017年モデルの15インチモデルは、クアッドコア(4コア)のCore i7でした。2018年モデルでは、第8世代よりモバイル向けIntel CPUに投入された6コアのCore i7を標準搭載します。また、オプションでCore i9までアップデートできます。

2017年モデルの13インチモデルは、デュアルコア(2コア)のCore i5でした。2018年モデルより、クアッドコアのCore i5を標準搭載します。また、オプションでCore i7までアップデートできます。

Appleのプレスリリースによると、15インチモデルは6コアで従来よりも最大70パーセント高速で、クアッドコアを搭載した13インチモデルは最大2倍も高速な処理能力を発揮。

2.メモリが最大32GBへ(15インチモデルでは)

15インチモデルでは、これまで最大16GBだったメモリが32GBまでアップグレードできるようになりました(オプションで)。残念ながら、13インチモデルは最大16GBです。

また15インチモデルのみ、LPDDR3メモリから新世代のDDR4メモリに変更。逆にいえば、DDR4になったことで同じスペースに多くのメモリが積めるようになったと。だから、32GBに対応しました。

3.ストレージが4TBまで盛れる

スクリーンショット2018-07-1312.48.08のコピー
Image: Apple

盛れるようになったのはメモリだけではありません。SSDも。13インチモデルでは、今まで最大1TBだったところが、最大2TBへ。15インチモデルでは、今まで最大2TBだったところが、最大4TBへ

標準搭載するのは最大512GBなので、2TBや4TBへはオプションに追加する必要があります。ちなみに4TBへアップすると+35万2000円〜。15インチのMacBook Proがもう一台買えてしまいます。

4.キーボードが新しく、静かに

スクリーンショット2018-07-1312.21.11のコピー
Image: Apple

さかのぼること2016年、MacBook Proが今の形になってから、キーボードも「バタフライキーボード」と呼ばれる完全に新しいものになりました。2016年モデルでは第1世代のバタフライキーボード、2017年モデルでは第2世代のバタフライキーボード、そして2018年では第3世代のバタフライキーボードになりました。これは13/15インチ問わず、搭載されています。

実機がまだ触れないためなんとも言えないのですが、Appleによると静かになったそう。バタフライキーボードは、ゴミがつまりやすく不良を起こしやすいことで有名ですが、その問題も解消されているといいですね。

5.True Toneディスプレイ搭載

スクリーンショット2018-07-1312.12.03
Image: Apple

True Toneディスプレイとは、自分が居る周囲の光に合わせて、色と明度を自動的に最適化するディスプレイ。どんな環境でも、白色が白色に見えるように調整してくれるのです。

この技術はすでにiPhone X/8/8 Plusや、iPad Proにも搭載されていました。今回のMacBook Pro 2018年モデルより、Macに初めて搭載されます。

6.T2チップ搭載:セキュリティ向上、「Hey Siri」がMacでも使えるように

rfh6qOxsLWInTGKc
Image: iFixit
iMac Proに搭載しているT2チップ

T2チップは、すでにiMac Proに搭載されていたApple製のプロセッサ。処理をぶんぶん回すIntelのプロセッサの裏で暗躍する、第二のプロセッサがMacBook Proにも搭載されました。

T2チップはIntelプロセッサのように大量の演算をするわけではなく、Macのベースとなるシステム設定をつかさどります。ユーザーがMacのシステムに保存したパスワードなどをT2チップが暗号化することで、セキュリティが向上します。

またT2チップのおかげで、Macで初めて「Hey Siri」でのSiriの起動ができるようになります。

どんな人が買い?

あなたがいま使っている2016年モデルや2017年モデルを売ってまで買い換えるほどの刷新があるかと言えば、それはありません。Face IDが搭載されたら、もう少しインパクトあったのに。

買い替えのタイミングを迎えて、純粋に今からMacBook Proを買おうとしていた人はもちろん買いです。それ以外でいうと、今のMacBook Proのスペックに満足していないクリエイターさんにとっては買いです。6コアのCPUじゃなくて、最大32GBのメモリ4TBのSSDはありがたいアップデートだと思います。

はやく、新しくなったバタフライキーボードを触ってみたいですね。バタフライキーボード独特のバチバチ音と、つまりやすさが解消されていれば、ちょっと頑張って(何を?)、今のMacBook Proから変えちゃうかも。

・13インチモデル(Touch Barつき)

19万8800円
2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ/メモリ 8GB/ストレージ 256GB

22万800円
2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ/メモリ 8GB/ストレージ 512GB


・13インチモデルオプション

2.7GHzクアッドコアIntel Core i7プ‍ロ‍セッサ:+3万3000円
16GBメモリ:+2万2000円
2TB SSDストレージ:+13万2000円〜


・15インチモデル本体

25万8800円
2.2GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ/メモリ 16GB/ストレージ 256GB

30万2800円
2.6GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ/メモリ 16GB/ストレージ 512GB


・15インチモデルオプション

2.9GHz 6コアIntel Core i9プ‍ロ‍セッサ:+4万4000円
32GBメモリ:+4万4000円
4TB SSDストレージ:+35万2000円〜

※すべて税別

Image: Apple(1, 2), iFixit
Source: Apple(1, 2

(山本勇磨)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ローラがインスタグラムに、ヒップを突き出している水着姿の写真を公開 心配する声も

 モデルのロー … …