Home モデル Marshallの伝統的ヘッドフォンの最新モデルには、いろんな改良が施されてた

Marshallの伝統的ヘッドフォンの最新モデルには、いろんな改良が施されてた

24 second read
0
9


1つは持っておきたいと思わせる魅力が、やっぱりあるというか。

Marshall(マーシャル)は意外とヘッドフォンのアップデートに精力的で、2017年末2018年と立て続けに新作を発表してきました。そして、Marshallは2010年から続くMajorシリーズの最新モデル「Major III」を新たに発売。いくつかの現代的改良をほどこしているようですよ。

まずはヘッドバンド、イヤーパッド、ヒンジ部分の改良。より快適になり長時間装着できるようになったとのことです。Marshallヘッドフォンに連綿と受け継がれている洗濯ばさみのごとき側圧はパンク精神の表れかと甘んじていましたが、いくらか大人しくなるようで。あれはあれで頑丈さがあって嫌いじゃなかったんですけどね。

Image: Marshall

Marshallサウンドを象徴づける40mmダイナミックドライバーも調整され、パワフルな低域はそのままにクリアさを追求しました。Major IIの解像感も悪くなかったんですが、いっても2015年モデルですから、より現代的な音になったと期待していいでしょう。Major IIではゴールドメッキだったプラグやヒンジ部分がブラックになったのも、街への溶け込みを考えたとかそういうアレのはず。でもデザインは前のほうが、個人的には。

180511marshallmajor_03
Image: Marshall

価格は有線モデルの「Major III」が79ドル(約8,600円)、「Major III Bluetooth」が149ドル(約1万6300円)。オーバーイヤー型の「Monitor Bluetooth」より100ドルもお値打ちなのは、ワイヤレスヘッドフォン的にも魅力です。もう販売は始まっているので、遠からずお店で試せるでしょう。

Image: Marshall
Source: Marshall, Engadget

ヤマダユウス型

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

日立、ロボット搭載の自律走行装置 新モデル発売

「HiMoveRO/CR-7iA/L搭載 … …