Home モデル NASA、月の材料は地球由来だと示すモデル分析結果を発表。アポロの月サンプル分析と比較 – Engadget 日本版

NASA、月の材料は地球由来だと示すモデル分析結果を発表。アポロの月サンプル分析と比較 – Engadget 日本版

7 second read
0
89

シミュレーションでは、アポロが地球に持ち帰った月のサンプルに含まれる14種類の親鉄性元素をすべて用いて、衝突後の円盤形成プロセス、そして月の芯になった金属コアの形成などをモデル化しました。その結果、14種類のうち9種類で地球との強い相関性を発見しました。一方で衝突した火星サイズの天体とのモデル的な相関はほとんどないことから、ほぼ全てが地球由来の材料で形成されたことを示す結果を得たとのことです。

また、14の元素のうち5つである亜鉛、スズ、カドミウム、インジウム、ツリウムはモデルによるシミュレーションよりもかなり低い濃度でしか存在しませんでした。研究者らは、この5つの揮発性元素は衝突の後に大部分が気相(気体の状態)のままで留まってしまい、月の形成時に再凝縮しなかったため月の組成から分離してしまったとの考えを示しました。これは地球のマントルに比べ月の中では多くの元素が存在しない理由にもなるとしています。

同じく14の元素のうち砒素、銀、アンチモン、ゲルマニウム、ビスマスの月マントルにおける濃度が低い理由は、月のコアにとらわれて分離された結果だと説明されました。

とはいえ、この研究だけではまだすべてを説明するには至りません。衝突発生後に形成された円盤の状況を知るには、まだまだ多くの分析研究の積み重ねが必要です。衝突したTheiaの組成はどうなったのかも気になります。

月のサンプルについて1970年代に行われた初期の研究では、この14種類の揮発性元素のうちいくつかが地球に比べて非常に少ないということがわかりました。しかしその時代の分析技術ではその原因を完全にリカシすることは不可能だったと研究者は述べています。

今回の研究は、当時のそれにおける穴を埋めるものであると考えられます。そしてここから始まるだろうさらに多くの研究がいつか月の生い立ちを完全に解き明かすときが来れば、夜空から柔らかく降り注ぐその明かりがこれまでとは違って見えるようになるかもしれません。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【新刊案内】累計再生回数1500万回!チャンネル登録者数30万人・人気YouTuberクリス・モンセン初の書籍が発売 (2019年8月21日) – エキサイトニュース

『そろそろ、大好きなことで生きていこうよ!』8/21(水)発売  株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取 … …