Home ユーチューバー PC不要、コントローラとiPhone Xで撮影できる「バーチャル・ユーチューバー」システム

PC不要、コントローラとiPhone Xで撮影できる「バーチャル・ユーチューバー」システム

23 second read
0
70

 ワンダーリーグは5月10日、バーチャル・ユーチューバー配信者に向けた独自開発の撮影ソリューション「バーチャル・ユーチューバー操作システム」を6月より発売すると発表した。

 希望小売価格は、専用のコントローラなどをセットにした開発キットが4万8000円。両腕動作モーション設定済みアプリ(unityプロジェクトデータ一式)を加えたフルセットが24万6000円。購入は、ワンダーリーグのウェブサイトから申し込める。


コントローラーやiPhone Xを使って従来よりも低価格に撮影できる「バーチャル・ユーチューバー」

 同システムは、独自のマルチプラットフォーム対応AR/VRコントローラの開発プラットフォーム「VROOM」を利用する。VROOM対応のBluetoothコントローラを6個使用。両腕の肘と手首に計4機装着することで両腕のモーションを、さらに両手に1機ずつ持つことで表情や手の握り、演出や背景切り替えといった細かな表現を実現した。加えてiPhone Xの顔認識カメラ機能を使って顔の向きや表情をトラッキングできるという。

 同社によると、バーチャル・ユーチューバー(リアルタイム3Dアニメーションを使ったユーチューバー配信者を指す)は、現在すでに2000人を越え、参入者は増え続けているという。また、グリーやドワンゴといった大手資本の参入で市場が盛り上がっている。

ヴルームコントローラー
ヴルームコントローラー

 一方、バーチャル・ユーチューバー撮影のためには、高性能なPCやモーショントラッキングシステム、VR機器といった高価な機材に加え、それを扱うためのソフトや技術的知識も必要となる。そのため、バーチャル・ユーチューバー市場のプレイヤーは、ゲームやIT系企業が大半で、一般企業がプロモーション目的や新規事業として参入する際の大きな障壁となっていた。

 そこで同社は、iPhone XとBluetooth接続のコントローラを組み合わせて、表情と上半身のモーショントラッキングを可能にする安価なシステムを開発。同システムを使うことで、PCや専用機材を必要とせず、好みの3Dモデルをバーチャル・ユーチューバーとして収録できるようになるとしている。

[embedded content]

「バーチャル・ユーチューバー操作システム」デモ 顔も指も両腕も激しくサクサク動きます編 from kitamura on Vimeo.

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

バーチャルサラウンド対応BTスピーカー「cear pave」にゲーム向けモデル(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

 手の平サイズ … …