Home モデル PC-9801シリーズ初となる3.5インチFDD搭載モデル「PC-9801U」 – AKIBA PC Hotline!

PC-9801シリーズ初となる3.5インチFDD搭載モデル「PC-9801U」 – AKIBA PC Hotline!

49 second read
0
331

それまでの機種と違い、体積が大幅に小さくなりました。コンパクトな筐体に、3.5インチFDDが2基搭載されています。

 想い出に残る、懐かしのマイコン・パソコンを写真とともに振り返る本コーナー。今回取り上げたのは、PC-9801シリーズで初の3.5インチFDDを搭載した機種「PC-9801U」となります。発売は1985年。

 ビジネスマシンとして登場したPC-9801はその後、価格を下げたPC-9801E、5インチ2DDのFDDを搭載したPC-9801F、5インチ2HD搭載のPC-9801Mとラインアップを拡充させていました。

 その次の一手として登場したのが、PC-9800シリーズ初となる、3.5インチFDDを2基内蔵したPC-9801Uでした。

広告はいくつかのパターンがありましたが、一番インパクトが大きかったのが、このプラズマディスプレイと映っているものでした。右ページ中段には、同時に発表されたPC-98XAも掲載されていますが、最上位モデルとなるmodel 3の103万には驚きます。

 1985年5月20日にPC-98XAと共に発表されたPC-9801U2は、それまでの機種と違いFDD2基搭載モデル1種類のみのラインアップとなります。本体価格は298,000円で、重量は5.6kgとPC-9801Fの約半分強。持ち歩くかどうかは別として、専用のキャリングケースも発売されていました。

正面から見ると、ピザボックスのような薄っぺらい横長のボディに、3.5インチFDDが横並びで搭載されているのがわかります。電源スイッチは左側面、キーボードコネクタは背面にあるため、前面インタフェースは左端にリセットボタン、右側にディップスイッチが配置されているのみです。

 CPUにはV30の8MHzを採用し、搭載した3.5インチFDDは2DD専用となっています。ドライブ部分に注目すれば、PC-9801Fの3.5インチ版、と表現することもできるでしょう。

 メインメモリはPC-9801と同じく128KBで、グラフィック表示も4096色中8色1画面となっています。漢字ROMは第一、第二水準を内蔵していて、ひとまずメモリの増設さえ行えばビジネスの第一線で活躍できるスペックと言えました。

背面の端子は左から、キーボード、RS-232C、マウス、アナログRGB、デジタルRGB、モノクロ、プリンタ、640KBFDDとなっています。

 しかし、なんといってもインパクトがあったのは、広告に同時掲載されていたプラズマディスプレイではないでしょうか。解像度640×400ドットのモニタですが、当時としては「厚さわずか5cm。小型軽量化された本体とともに持ち運びできるコンパクト化に成功しました。」と謳われていて、その可搬性が前面に押し出されていました。

 そんなプラズマディスプレイは価格198,000円で、今考えるとカラーも出ないのにこの値段は……などと思ってしまいます(笑)。

キーボードは新たに、右上に“U”のマークが入っているものになりました。PC-9801E/F/M(写真上部)に付属のキーボードとの違いは、スペースキーの隣にNFERキーが追加されたことと、キーの角が若干丸くなっている部分です。また、全体的なキーボードの幅も狭くなりました。単体で見ると違いが分かりづらいので、両者を並べてみました。

 他機種と違って拡張スロットを使うことなく、マザーボードに直接増設する形でメモリとFM音源ボードを追加することが出来るのは、大きなメリットでした。また、BEEP音も音程を自由に変更することができるようになっています。これはとりもなおさずNECが、3.5インチモデルをビジネスではなく趣味向けにしようとしていた現れだったのではないかと思います。

 意欲的な部分が数多く見られたPC-9801Uですが、PC-9801と同じグラフィック部分が脚を引っ張ることとなり、発売されるソフトの注意書きに「※PC-9801/U2は除く」と書かれてしまうことに。この失敗は次機種のPC-9801UV2で解決され、3.5インチドライブを搭載したPC-9801シリーズは、さらなる勢いをつけていくことになるのでした。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

セイコー、「アストロン」から大谷翔平モデル – Impress Watch

セイコーウオッチは、GPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」から、ブランドのイメージキャラクターを務める … …