Home モデル Ryzen 3000XTシリーズ3モデルが店頭に並ぶ! – ITmedia

Ryzen 3000XTシリーズ3モデルが店頭に並ぶ! – ITmedia

2 min read
0
21


 先週、各ショップにAMDの新CPU「Ryzen 3000XT」シリーズ3モデルが登場した。上位から「Ryzen 9 3900XT」と「Ryzen 7 3800XT」、「Ryzen 5 3600XT」で、価格は順に6万6000円前後、5万1000円強、3万2000円前後となる(税込み、以下同)。

3800XTだけ品薄かも――Ryzen 3000XTシリーズの評判

 これまでの末尾Tのないモデルをベースに、ブーストクロックを向上させたのが特徴となる。動作周波数の上昇幅は、3900XTと3600XTが100MHzで、3800XTは200MHzだ。TDPや標準クロックは変わらない。多くのショップで在庫は潤沢とのことだが、Ryzen 7 3800XTだけは薄めとのコメントもいくつか耳にしている。


AMD「Ryzen 7 3800XT」と「Ryzen 9 3900XT」


Ryzen XT
AMD「Ryzen 5 3600XT」


Ryzen XT
TSUKUMO eX.によるRyzenの価格表

 ユーザーからの反響はどこのショップもそれほど大きくない様子だ。某ショップは「性能アップが地味なわりに、ベースモデルよりきちんと価格が上がっていますからね。まあ、バリエーションとしてなじんでいくのかなという感じです」と話していた。

 それよりも、人気が集中して街から払底しているのが「Ryzen 3 3300X」だ。4コア8スレッドで1万5000円前後という値頃から人気を集め、ツクモ各店では「全店で完売、次回入荷未定」となっていた。

 TSUKUMO eX.は「他のモデルと比べて入荷が明らかに不安定ですが、致命的な穴にはなっていませんね。6コア6スレッドで1万6000円前後のRyzen 5 3500が潤沢にあって、今はマザーとセットでも1万5000円近くで買えますから。8スレッドにこだわらないならそちらをお勧めです」と話していた。ラインアップが広がっても収れんしても大勢に影響なし、というわけだ。

Ryzen 3
Ryzen 3の価格表

 続いて、話題を集める電源ユニットを見ていこう。

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう


奥行き130mmの定格1000Wフルプラグイン電源が登場!

 電源ユニットでは、SuperFlowerの80PLUS GOLD認証シリーズ「LEADEX V GOLD」が目立っていた。奥行き130mmのコンパクトなフルプラグインATX電源で、ラインアップは1000W/850W/750W/650Wがある。先行で登場したのは、このうち最上位の1000Wモデル「LEADEX V G130X 1000W」だ。価格は2万円前後となる。

LEADEX V G130X 1000W
SuperFlower「LEADEX V G130X 1000W」


LEADEX V G130X 1000W
コネクター側から見た本体

 電力ロスの少ない変圧器を開発したことで、ダウンサイジングを実現したという。天面にセミファンレスでも稼働する12cmファンを備える。

 入荷したオリオスペックは「奥行き13cmでキロワットはおそらく初だと思います。コンパクトに収めつつ、ハイエンドなCPUやグラフィクスカードを組み込みたいというニーズもそれなりに大きいので、刺さる人はけっこういそうな気がしますね」と評価していた。

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう


光らず真っ白な12cmファンが1400円で店頭に並ぶ

 汎用(はんよう)ファンで注目を集めていたのは、サイズの12cm PWMファン「Kaze Flex 120 White PWM」だ。価格は1400円弱。羽根やフレーム、ケーブルまで全てホワイトで統一しているのが特徴となる。回転数は300〜12000rpm(+−10%)。

 TSUKUMO eX.は「最近はホワイトで統一したりアクセントに使ったりするケースが増えていますが、真っ白なファンは意外と少ないんですよね。Kaze Flex 120 White PWMは徹底的に白くて安い。光らないのも潔いですね。ライティング映えもしますし、いろんなシーンで使われると思います」と絶賛していた。


サイズ「Kaze Flex 120 White PWM」のパッケージ



真っ白なボディーが目を引く

 同じくサイズからは、アドレサブルRGB対応の14cm汎用ファンも2種類発売されている。一般的な四角いフレームを採用した「Kaze Flex 140 SQUARE ARGB」と、角をカットしたフレームの「Kaze Flex 140 ROUND ARGB」で、価格はともに1900円弱となる。回転数はSQUAREが300〜1200rpm(+−10%)で、ROUNDは300〜1800rpm(+−10%)だ。

 「ROUNDは12cmファンのネジ位置で固定できるので、より風量を稼いだり光る面積を広げたりしたい人にニーズがありますね。クセのない光り方をしますし、やはり手頃な値段なのでヒットしそうです。最近暑くなってきましたしね」(同店)

Kaze Flex 140 SQUARE ARGB
サイズ「Kaze Flex 140 SQUARE ARGB」と「Kaze Flex 140 ROUND ARGB」


Kaze Flex 140 ROUND ARGB
稼働中の「Kaze Flex 140 ROUND ARGB」

 次に、外付けケースやマザーボードの新モデルをチェックする。

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう


8色に光るNVMe SSD外付けケースにPCIつきB550マザーも

 センチュリーからは、M.2 NVMe SSD向けの外付けケース「Aluminum Enclosure RGB for M.2 NVMe」が売り出されている。USB 3.2(Gen2)に対応したUSB Type-C接続のアルミ製ケースで、8色の発光色が選べる2本のLEDライトラインを備えているのが特徴となる。価格は5000円前後だ。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「ファンレスの外付けケースという点でも面白いかなと思います」と話していた。

Aluminum Enclosure RGB for M.2 NVMe
センチュリー「Aluminum Enclosure RGB for M.2 NVMe」

 SSAからは、4極ミニプラグ接続のイヤフォンマイクに使えるミュートスイッチ付きアダプター「ST35-SWAF」が850円前後で登場している。

 テクノハウス東映は「アプリの操作ではなく、物理的に手元でミュート化できる確実性が魅力ですね。オンライン会議で音声の切り忘れで失敗したという人も結構いそうですし」とアイデアを評価していた。

ST35-SWAF
SSA「ST35-SWAF」

 その他、マザーボードはBIOSTARからAMD B550チップセット搭載モデルが2つ登場している。ATXサイズの「RACING B550GTA」とmicroATXサイズの「RACING B550GTQ」で、価格は順に1万9000円前後と1万6000円前後だ。特にRACING B550GTAは、PCIスロットを1基装備しているのが注目を集めている。

 PCIスロット付きのマザーは、5月末に登場したギガバイトの「H470 HD3」や、2018年4月に登場したASUSTeKの「PRIME B360-PLUS」のように、地味ながら根強い人気がある。

RACING B550GTA
BIOSTAR「RACING B550GTA」と「RACING B550GTQ」

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【マイナビ TGC 2020 A/W】メインモデルに池田エライザ、横田真悠さらに欅坂46、日向坂46のメンバーも追加決定!メインアーティストのNovelbright、OWVからコメント到着! – PR TIMES

■ニューノーマルなTGCを盛り上げる注目の豪華出演者が追加決定! マイナビ TGC 2020 A/Wを盛り上げ … …