Home モデル “SKIYAKI”、モデル・インフルエンサー向けクラウドキャスティング専用SNSを運営する“リメンバー”と資本・業務提携

“SKIYAKI”、モデル・インフルエンサー向けクラウドキャスティング専用SNSを運営する“リメンバー”と資本・業務提携

42 second read
0
48

■Remember株式会社 概要
Remember株式会社(以下「Remember社」)は、2017年10月1日(日)に、カメラマンやフォトグラファーなどの“撮りたい人”と、モデルなどの“撮られたい人”をCtoC(個人間取引)でカジュアルに結ぶ、クラウドキャスティング専用SNS「REMEMBER」をリリースしました。プロ・アマとして活躍するモデルを、従来のようにプロダクションを通すことなく直接やり取りできるサービスです。日程調整から撮影、支払いまで全ての業務が圧倒的に簡単になり、個人と直にやり取りできるため、撮影意図や衣装に関する細かい希望などもカメラマンからモデルへ直接伝えることが可能です。 クレジットカード決済対応で、煩わしい請求書発行業務も必要ありません。登録すれば、業界で活躍する旬のカメラマンと出会えるだけでなく、仕事やオーディションの情報入手も手軽になり、プロダクションに所属しなくともモデル活動を広げられる新たなプラットフォームです。

「REMEMBER」では、未成年者を含む会員が安心して利用できる環境を構築するための施策として、利用規約において公序良俗違反等の不適切な行為を全面的に禁止し、違反者は即時に会員資格を抹消できることとしております。また、会員登録時にはモデル・カメラマンの双方に身分証提出、クレジットカード、銀行口座による本人認証を必須としています。さらに、スタッフによる会員への電話による禁止行為の説明、会員同士が不適切なメッセージをやりとしていないかの監視なども実施しております。今後も、会員の方により安心してご利用いただけるサービスを目指し、さらに機能追加・体制強化を行ってまいります。

■両社の事業シナジーと今後の展開
当社は、Remember社の議決権の34.1%を取得し、持分法適用関連会社としております。Remember社との資本・業務提携により、モデルに関するグッズやイベントチケット販売及びファンクラブの開設や、カメラマン向けの月額課金サービスなど、SKIYAKI EXTRAの既存機能を活かした事業展開に加えて、今後SKIYAKI EXTRAに実装予定のライブ配信機能等を「REMEMBER」上で提供していくことで、両社のサービスをより充実させ、利用者数および売上の拡大を図って参ります。また、SNS等で活躍する一般モデル・インフルエンサー向けのサービス運営のノウハウを有するRemember社と当社との間で知見を共有することで、CtoCプラットフォームの開発・運営を強化して参ります。

▼REMEMBER α版 サービスサイト
URL:http://remember.tokyo/

■REMEMBER 概要・使い方
利用者は、パソコンやスマートフォンから「REMEMBER」にアクセスし会員登録(無料)を行います。その際、身分証の提示により本人認証を行います。その後、「REMEMBER」に登録しているモデル又はカメラマンを検索し希望の相手に撮影のオファーを送るか、他の会員からオファーが来るのを待つだけです。会員からのオファーがあった場合、撮影場所や報酬などの条件を会員同士で相談し、合意が成立すれば撮影を実施していただきます(サービス利用料は報酬金額の20%となります)。

【Remember株式会社 会社概要】
社名:Remember株式会社
所在地:東京都千代田区神田練塀町3番地 富士ソフト秋葉原ビル12階
代表者:坪内弘毅
事業内容:クラウドキャスティング(CtoC、 BtoC)、広告制作・販売、スタジオ運営、撮影会企画・実施

【株式会社SKIYAKI 会社概要】
社名:株式会社SKIYAKI
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-14-6 ヒューマックス渋谷ビル 3F
代表者:宮瀬 卓也
資本金:552百万円
事業内容:プラットフォーム事業、コンサート・イベント制作事業、旅行・ツアー事業

■Corporate:https://skiyaki.com/
■Facebook:https://www.facebook.com/SKIYAKIInc
■twitter:https://twitter.com/SKIYAKI_pr

当社は、クリエイティブクラスの代表であるアーティストやクリエイターの活動によって世の中がさらに豊かになると考え、その活動を支援するファンクラブ公式サイト制作、運営及び公式グッズECサイト、電子チケットサービスなどの開発を手がけております。当社がアーティストやクリエイター、企業、およびファンの皆様から必要とされる存在であるために、私たち自身もクリエイティブクラスでありたいという想いから、「創造革命で世界中の人々を幸せに」という企業理念のもと、全員が働きがいを感じ、成長し続けることができる環境づくりを推進しております。

(※1)“FanTech”とは、“Fan×Technology”を意味する造語。時代にあったテクノロジーを用い、ファンとアーティスト、クリエイター、企業など創造主との新しい関係を生み出し、これまでにない付加価値を生み出す動きのことを指します。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

バーチャルユーチューバーのやり方を紹介!誰でも簡単にバーチャルYoutuberになる方法!

今、Youtubeだけでな … …