Home その他 SNSで増幅する“共感”、“いいね” テクニックやフォロワーを追求する社会で失われるものとは(ABEMA TIMES) – Yahoo!ニュース

SNSで増幅する“共感”、“いいね” テクニックやフォロワーを追求する社会で失われるものとは(ABEMA TIMES) – Yahoo!ニュース

14 second read
0
24

 「ウチの旦那も同じことします(笑)」「めっちゃ共感してストレス解消」「あるあるあるあるある」。

【映像】“共感“が新規ビジネスの柱に…SNSで「いいね」を稼ぐメソッド

 片付けが苦手な夫への鋭いツッコミの数々を投稿が共感を呼び、フォロワーが85万人に達したInstagramのアカウントが書籍化された。「ただの一般人なのにこんななるんだと思ってびっくりだ」(gomi_suteroさん)。

 近年、こうした“共感”をベースにしたSNS発の企画や商品が相次いでいる。マーケットリバー株式会社の市川祐子代表取締役社長は、エピソードや理念への共感を軸にした消費が加速すると予測する。「特に共感が増幅されやすいソーシャルメディアが物心ついた頃からあったZ世代(16~24歳といわれている)は、消費においても共感を軸にする。フェアトレードのコーヒー豆を好んで買ったり、プラスチック製品を減らしている企業で洋服を買ったりと、2020年代は共感が社会の軸の一つになっていくと思う」。

 クラウドファンディングで多くの共感を得て開発されたという電子マネー「eumo」も、そうしたサービスの一つだ。決済後、店に対しギフト、つまりチップが送れるのが特徴で、特徴で、5カ月間の実証実験では、4分の1のユーザーが支払額よりも多くのeumoを店に払ったのだという。

■「世間のみんなが求めているのは僕ではなかった」

 共感を追い求めることで、「助け合うことができる」「自分だけではないと安心できる」「結束が強まる」といったメリットがある一方、「様々な分断を生む」「SNSで他者との共感がズレると疎外感を感じる」「SNSでは共感されることに執着してしまう(されないとつらい)」といったデメリットも存在する。

 3年前に“モテたい・人気者になりたい”という動機からTwitterを始めたエッセイストでYouTuberのニャンさん(21)は、恋愛系のツイートを投稿してみたところ、「共感し救われた」と感謝された。「ぶっちゃけ“すき家”とか“サイゼリヤ”で充分楽しめるような人と付き合いたい。」「【速報】今年は“平成最後の夏”らしい。今年くらいは好きな人と夏祭りと花火を楽しみたい。」など、“1人でも多くの人から共感される投稿”を追究。フォロワーは68万人、書籍化は2冊になる。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

巨大ITはメディアを救うべきか – 日経ビジネスオンライン

全3432文字 グーグルが世界のニュースメディアに対し、コンテンツ使用料として計10億ドルを支払うと発表した。 … …