Home その他 Twitterフォロワー数が総人口超えた「ナウル共和国」 “中の人”を直撃 「世界最小の共和国として日本一目指す」(ABEMA TIMES) – Yahoo!ニュース

Twitterフォロワー数が総人口超えた「ナウル共和国」 “中の人”を直撃 「世界最小の共和国として日本一目指す」(ABEMA TIMES) – Yahoo!ニュース

9 second read
0
15

 ナウル共和国。日本から直線距離で約5000km、オーストラリアとハワイの間にある太平洋の小さな島国だ。面積は21.1平方キロメートルと品川区とほぼ同じ広さで、約1万3000人が生活している。

【映像】「ナウル共和国」“中の人”を直撃

 かつては、リン鉱石の輸出で栄えたナウル。しかし、唯一の産業だったリン鉱石がほぼ枯渇してしまい、厳しい経済状況に陥った。そして1989年には、日本にあったナウル領事館も財政上の理由から閉鎖されてしまった。

 その後も、密接な関係を求めていた日本とナウル。そして、領事館閉鎖から約30年、長年の時を経て今年10月、ついに政府観光局の日本事務所が開設されたのだ。また、Twitterも開始された。

 「ナウル共和国政府観光局の日本語アカウントを開設しました。日本の皆様には、是非フォローをいただけると嬉しいです。当面はナウルの人口1万3000フォロワーを目指します!」

 そう目標を立ててから4日後。事態が一変した。

 「来月の報告書で大統領を驚かせたいので日本の皆様にさらなるフォロー協力をいただけるとありがたいです。本国政府アカウントが4696フォロワーで、それを超えればわかりやすく驚くと思います!」

 大統領を驚かせたい。その思いが日本人の心を動かしたのか、この投稿からわずか1日でフォロワー数が1万人を超えた。現在のフォロワー数は、なんと3.1万人。国の人口の倍以上に急増している。そこで『ABEMAヒルズ』は、このTwitterを更新している“中の人”を取材した。

 「ぼちぼちやっていこうと思っていたんですよ。知名度も観光地もないですし、ちょっとずつ知ってもらえたらなあって思っていたので。非常に驚いています」

 ちなみに、観光におけるアピールポイントを聞いてみると。

 「一番のアピールポイントは……難しいな。考えてますけどかなり行きづらい国なので、逆に『そういうとこに行けたよ』という達成感。日本人は年間数人しか来ませんから、そういう達成感を味わってもらいたいなと思っています」

 日本人にとって、決して近いとは言えないナウル。しかし、国家間にこれまで関係がないわけではない。第二次世界大戦中の1942年、日本軍がナウルを占領。強制連行された多くの住民が死亡したという、歴史的な関わりがあった。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

伊藤健太郎釈放の署は警備強化 ユーチューバー対策 – ニッカンスポーツ

警視庁東京湾岸警察署から釈放されマスクを外す伊藤健太郎(撮影・中島郁夫) 29日に自動車運転処罰法違反(過失傷 … …