Home ユーチューバー YouTuberで食べていくには、最低1万人以上の登録ユーザーが必要だ!しかし、本当に重要なのは…(神田敏晶) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

YouTuberで食べていくには、最低1万人以上の登録ユーザーが必要だ!しかし、本当に重要なのは…(神田敏晶) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

38 second read
0
65


KNNポール神田敏晶です。

□今や小学生憧れの職業である「YouTuber(ユーチューバー)」。動画投稿サイトで自作動画を公開し、閲覧者を獲得、主に広告収入で生活しようとする人を指す。日本でも代表的なユーチューバーの年収は数億円に及ぶとされ、養成学校ができるほどの人気となっている。一方、職業人口が増え、淘汰(とうた)されるユーチューバーも。

□ネット動画に親しむ子供たちにとって、今やパティシエやサッカー選手と並び、ユーチューバーは憧れの職業だ。学研教育総合研究所が昨年9月、全国の小学1~6年の男女1200人を対象にアンケートを行ったところ、将来つきたい職業で、ユーチューバーが3位にランクインした。

□令和4年(2022年)の国内ユーチューバー市場は579億円規模に達すると予想されている。

□ユーチューバーになるため、脱サラする人もいて、養成学校もある。老舗専門学校の代々木アニメーション学院(東京都千代田区)でも、需要に対応するため、画像制作などを学べるYouTuber科を、来年度(2020年)から開講する予定

□動画の広告収入は閲覧者数に比例するが、一般的には1再生数につき、0.05~0.1円

□習い事としてのユーチューバー教室があってもいいはず」と話すのは、教育事業を手掛けるFULMA(フルマ)日本で初めての「ユーチューバーになる」ことを題材にした小学生教育プログラム「YouTuber Academy」を運営

出典:ユーチューバー市場、早くも飽和状態 「将来つきたい3位」も過当競争で過激化

■YouTube市場400億円(2019年)の拡大するファン支持マーケット

国内YouTuber市場規模推計予測(2017年)出典:CA Young Lab
国内YouTuber市場規模推計予測(2017年)出典:CA Young Lab

https://markezine.jp/article/detail/27843

2022年の国内ユーチューバー市場は579億円規模に達すると予想されている。

2017年は219億円なので 5年で2.6倍の成長だ。ただ、純粋なYouTube広告は334億円(2022年)で139億円(2017年)で2.4倍。タイアップ広告は2.9倍だ。イベント・グッズは3.3倍と、2017年はYouTube広告の比率は63%であったのが、2022年には57%と下がり、ファン支持が支えるトップのユーチューバーたちだけが稼げるビジネス構造になるだろう。

CA Young Labは、デジタルインファクト調べ(2017年調査)

■YouTuberで月額20万円稼げる条件とは…?

将来なりたい職業、第三位のYouTuberとして月額20万円稼ぐためには、どのくらいの再生数が必要かを計算してみる。YouTubeの再生に応じて、広告を設定(※チャンネル登録数は1000人以上必要、年間再生時間4000時間以上必要)すると、YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円~0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

0.1円だと200万回の再生で20万円。(※広告単価は動画のジャンルや登録者数によって変化する※子供向けは低い設定といわれている)

1日1本毎日だと、月30本で 1本あたり 6万6,666回の再生が必要。

土日祝を休むと、月20本で、1本あたり 10万回再生が必要。

1本10万回再生となると、10万人の登録者が必要ということとなる。もうこの時点でハードルが高すぎる…。

少なくとも、最低1万人クラスの登録スタートが必要なので、そこまでには広告費をかけなければならないという参入障壁である。

■YouTubeのサービス開始前から登録していた筆者の場合…

2005年のサービス開始前に登録している 出典:KNN
2005年のサービス開始前に登録している 出典:KNN

YouTubeの正式サービスは2005年12月15日からスタートした。筆者は、サービス開始前の2005年8月16日にYouTubeにチャンネル登録し、最初の動画はサービス開始後の5日後の2005年12月20日に公開した。

おそらく、日本で最初のYouTube動画だと考えられる。しかしだ、14年経過の2019年で再生数はトータルでやっと271万回の再生だ。しかも、チャンネル登録者数はたったの1,282人だ。

2006年に登録されたHIKAKINチャンネル 出典:HIKAKIN
2006年に登録されたHIKAKINチャンネル 出典:HIKAKIN

ちなみに、ヒカキン氏は、筆者の1年後の(2006年12月30日)に登録し、日本のYouTubeを牽引するようになった。そう、YouTubeは先行者利益とかではなく、たゆまぬ努力と才能があるからこそ、現在のポジションをキープできるのだ。YouTuberになるためには、日々のたゆまぬ研鑽と圧倒的な動画への愛が必要である。それを証拠に、数十億円を稼ぐといわれるヒカキン氏が動画を辞めることはない。お金の為だけならば、さっさとリタイアを考えるだろう。好きな事を仕事にする為には、楽しさと同時に徹底的にこだわる姿勢が必要なのだ。

■将来、YouTuberを職業にするためには?

日本で初めての「ユーチューバーになる」ことを題材にした小学生教育プログラム「YouTuber Academy」を運営しているスクールがある。将来、YouTuberという職業で食っていくことではなく、『得るのは技術じゃない、自信だ』としている。

□YouTuber Academyは単に技術を学ぶ場所ではありません。企画から撮影、編集まで全て子どもたち自身で行います。世界に一つだけの動画作品を色んな人に「見てもらえた」「褒めてもらえた」経験が、子どもたちの自信を育みます。

□動画作品に点数や正解はありません。私たちは”よさ”よりも子どもたち一人ひとりの”らしさ”を大切にしています。

□アドバイスはしても、子どもたちの作品づくりに際して強制することはありません。私たちは子どもたちの想いやこだわりを尊重します。

出典:継続スクール 子どもたちのやりたい!が叶う場所

■AI時代のこれからの職業は?

将来、トップYouTuberとして、何億円も稼ぐという『夢』も無理ではないが、可能性は前述したように、それほど高くはないだろう。しかし、動画のプラットフォームを通じて、どういう動画が人気となるのか、どんな動画を作っていて楽しいのか?と、いろんな試行錯誤の工夫が、どんな小さな『表現者』にもある。もちろんPDCAをまわし、登録者数を増やすマーケティングを考える機会も与えてくれることだろう。ネット上でのビヘイビアやリテラシーも自然と身につくことだろう。テレビではなく、スマートフォンに可処分時間が奪われている今日の『動画市場』は、すでに5G時代となり、AIやドローンやロボットが進化しより発展していく。ひとつだけ言える事は、親や先生が教えることができない事象やビジネスがすでにたくさん出てきた事だ。ゲームをプレイするだけの実況動画や、ゲームをプレイするだけのeスポーツも、今や新たな職業として誕生している。これからのAI時代は、人間が機械の代わりとなるような単純作業はなくなり、いままでになかった、より人間にしかできない職業がたくさん登場することだろう。そんな人間にしかできない、しかも小さな子どもの遊びココロでしか生めないコンテンツは、新たな産業を育成していくような気がしてならない。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

インスタグラム12万人超フォロワーの漫画家・ごめんの新作企画展「#オンエアー」 原宿Backstage Cafe で開催:時事ドットコム – 時事通信

[KKBOX JAPAN 合同会社] ~井上苑子、リーガルリリーとのコラボ作品も~ インスタグラムフォロワーが … …